ぼくは住所不定無職

高校卒業を間近に控えたある日告げられた衝撃の一言、そこから始まるまさかの世界一周。バックパッカーなんてかっこいいものじゃない。所詮ぼくは住所不定無職

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2016年4月11日/日本へ送ったガラクタ達【いきなりベスト3発表します】


さあ月曜日です。

やっとこさ荷物を送れます。

送る荷物をリュックに入れて、一昨日は開かなかった扉を開けました。

さあ僕の荷物達よ

日本へお帰り



1日1突きで明日も元気!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



約5キロの荷物を日本に送ることになった僕は、6ドルもするダンボール箱にそれを詰めました。

いや、ダンボール

6ドルも取るのか

足元見てんな?見んなよ恥ずかしい。

荷物を箱の中に詰め込み、今1番行きたい所の住所を書き込みました。
僕とこいつ、どっちが先に日本に着くのやら。

郵便局員「何が入ってんの?」

ぴさろ「服とか」

郵便局員「そうか、カナダの住所は?」

ぴさろ「無いよ、旅行者だもん」

郵便局員「そっか…えっとね、届かないかもわからん」


マジでか

郵便局員「多分届くと思うけどね、たまにだよたまに」

たまにでもダメだろ

ちゃんと届けてよ、大したもん入ってないけど捨てたく無いものだから送ってるんだからね?

一抹の不安を胸に、荷物は日本へと旅立ちました。

でもどちらかといえば

僕が日本に帰りたい

最近日本を夢にまで見るようになってきました、そして、帰りたい気持ちが募りすぎてイライラすらして参りました。

この旅行が始まった頃に出会った人達は、今やほとんどが帰国済み。
たまにFacebookに流れてくる、日本でワイワイやってる写真なんかを見ると、独り身のクリスマスの様な感情が湧き上がる始末です。

聞くところによると、バンクーバーは

めっちゃ日本人いるらしい

めっちゃ日本人いるって事は、めっちゃ日本食屋があって、比較的安いだろう。

そんな淡い期待を寄せております。

突然ですが、今食べたいものランキング発表します。

第3位

焼肉

これはまあ、10代の男の子ですから。
あと意外と焼肉って食べられないんですよね、焼いたらステーキですから。

第2位

鯖味噌

これはね、ちゃんと理由があるんですよ。
【忘却のサチコ】って漫画がありまして、なにを思ったかそれをこの旅行中に読んでしまいました。
この漫画、簡単な話がグルメ漫画でして、その中に出てきた鯖味噌がまあ美味そうで。

未曾有のテロですよ

別に鯖味噌でなくても、とりあえず日本っぽい魚料理が食べたいですね。
塩焼きとか、煮付けとか。

第1位

おにぎり

これはまあ食べようと思えば食べられるんですよ、米炊いてなんか入れてバカ高い海苔を巻けばいいんで。
でも、このブログを読んでいる皆さまなら分かって頂けるでしょうが

おにぎりはそんなに甘くない

米ですよ、日本の米に近い米はありますけど、それでも日本の米じゃないんです。

あと具、海外でおにぎり作って入れられる具なんてたかが知れています。
明太子だとか、梅干しだとか、そういう古風な、昔ながらのおにぎりが好きなんです。

ツナマヨは邪道

後は海苔ですよね、これはシンプルに高い。
おにぎりには海苔が必要不可欠なんですよ、これは断固譲りませんね。

そんなわけで3つ発表させて頂きましたが、おにぎりと鯖味噌は自分で食えます。

だから、どなた様か

焼肉奢ってください

よろしくお願いいたします。




このブログの秘孔です。
突けばブログのランキングが上がり、僕の喜びは破裂します。

一突きお願いします!!!
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


全てはここから
東京都在住高校生のある日


Facebookページ作りました
Facebook


今日の写真はインスタグラムから
Instagram
スポンサーサイト

| カナダ在住 | 07:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jusyofuteimusyoku.blog.fc2.com/tb.php/373-203a8c61

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。