ぼくは住所不定無職

高校卒業を間近に控えたある日告げられた衝撃の一言、そこから始まるまさかの世界一周。バックパッカーなんてかっこいいものじゃない。所詮ぼくは住所不定無職

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2016年2月15日/車がバースト!!マチュピチュは遠い。


ペルーの観光地も様々ですが、やっぱり1番有名なのはあそこですよね。

いやそれにしても、そんな一大観光地へのインフラがクソほど整ってないって

どういう事なんだ



1日1突きで明日も元気!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



いや電車はあるんですよ、まあその電車も大概なんですが。
その電車の1番の悪い所は

お値段

片道7000円位ですから、2時間でですよ?
そりゃキツいって話でしょ。

じゃあ安く行くにはどうするか。

まずマチュピチュ村近くの水力発電所までバンで行き、そこから10キロ歩くんです。

それもキツい

どっちにしろキツいんですよ、体力的か経済的かって話。

でもそこは19歳ですから、体力で勝負していくんです。
体力で勝負できるうちが花って、五輪書にも書いてありましたしね。

ということで

午前8時

バンに乗り込みました、6時間程の道のりです。

でもね、そのバンの不手際さったらないんですよ。
なんていうんですかね、どこまでもテキトーでダラダラとしてるんです。

こんなんじゃ何時間遅れるか分かったもんじゃないな、と思った矢先

パーーーーン!!

車には全く興味のない僕ですが、尋常じゃない破裂音でしたから、なんとなく分かりました。

終わったなと



車は止まり、客は降ろされ、空き地に放置されました。



運転手はというと、助けを求めにヒッチハイクで近くの町へ。

そうですね

やられましたね

ただでさえ明るいうちに着きたいのに、こんな所で立ち往生ですもの。

ドライバーがいつ帰ってくるかも分からない、そんな状況下でできる事なんて林檎かじる位ですよね。

2時間後

別のバンがやって来ました。

それに乗り込み、なんやかんやと遅れている内に、いつの間にか

午後6時半

僕らは線路の上を歩き始めるのでした。



スタンドバイミーの様な道だと有名なこの10キロの道のりですが、午後6時半ですから、そりゃもうすぐに真っ暗。

なんてワールドワイドな

肝試し



雰囲気ある~

足場の悪い線路の上を、真っ暗な中文句垂れながら歩き続けました。

天気が良ければな

日が出てればな

トラブルさえなければな

文句は言いだしたら止まりません。

辛かった割にブログに書く事も少ないというのも、また1つムカつく点ですね。

前方にはトンネル



夜のトンネルっていうとなにかと怖いイメージですが、外も真っ暗なので特に変わりありません。

トンネルを抜けて遠くに目をやると、やっと街が見えました。
歩き始めてから約2時間

やっと着いたーと声を上げた瞬間、僕の目線が急に低くなったのです。
それと同時に左足を襲う鈍痛。

落とし穴に落ちました



これが決定打でしたね。
もうダメだ、精神的に参ってしまった。

最後はもうボロボロのメンタルを引きずりながら、マチュピチュ村へ到着。



あーーしんどかった

何がしんどかったって時間ですよね、真っ暗な中歩くのがこんなにつまらないんだなと。

夜ご飯は、アルパカ食いました



まあ別に普通、面白くもなんともなかった。

明日は早起きしてマチュピチュです。

マチュピチュです





このブログの秘孔です。
突けばブログのランキングが上がり、僕の喜びは破裂します。

一突きお願いします!!!
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


全てはここから
東京都在住高校生のある日


Facebookページ作りました
Facebook


今日の写真はインスタグラムから
Instagram
スポンサーサイト

| ペルー在住 | 00:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jusyofuteimusyoku.blog.fc2.com/tb.php/317-ac912b60

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。